リハビリでも活躍してます!




昨日、埼玉医大の理学療法士の方よりご紹介いただいたお客様。


昨年、脳梗塞で手術をされた後から足の指の付け根が痛いとのことで、リハビリの時に紹介いただいたとのこと。


大きな後遺症が残らなかったことが幸いして普通に歩行は出来ていましたが、80歳と高齢なこともあり足元がイマイチ不安定な感じ。




ちょっとした神経伝達の遅れが身体の不安定に繋がってしまいますが、スーパーフィートのインソールは足の機能を物理的に整えるのでリハビリにはもってこいなんです。


実際にリハビリの現場で使用されることも多いんですよ。


立ち上がることも儘ならなかった方がスーパーフィートのインソールで立てるようになったというお客様もいるくらいです。




ただ、今回のお客様は足の指の付け根の痛みと胼胝でお困りでした。


足の機能が上手くいかないと胼胝や魚の目が良くできますが、今回の場合はそれだけでなくて、靴の状態もあまりよくなかったです。





病院ではインソールは進めてくれてもどんな靴が良いのか?


までは中々おしえてくれません。


更に靴の履き方までとなると皆無なんですよねぇ...




いつも言うことですが、どんなに凄いオーダーメイドのインソールを使っても、どんなに凄いオーダーメイドの靴を使っても、使い方が悪いと全く機能しない...




みなさん作ることで満足していませんか?




何でも使い方までしっかりと覚えて実行しましょう!




今回は明らかに靴をルーズに履きすぎて靴の中で足が滑っている状態でした。


それだけ滑る状態なので、靴の中で足の指が一生懸命滑るのを抑えてるわけですよ。


だから胼胝も魚の目もできるし、踏ん張るので指の付け根は当然痛くなる。




踏ん張れることが良いと思われがちですが、必要のない時に一歩ずつ踏ん張っていて痛くならないわけないですよね。




今回もインソールの正しい使い方から靴の選び方、そして靴の履き方までお伝えさせてもらいました。




最新記事

すべて表示