足に優しい靴選びからはじめよう

柔らかくて大きい靴は足にとっては優しくない

足に出る痛みを改善するために、一見良さそうに見えて、多くの方が履いている衝撃吸収性が高く靴底が柔らかい靴や、柔らかいインソール。実はこれがとても危険なのです。履いた瞬間は柔らかく気持ち良いかもしれませんが、足元が不安定になり足の骨格が崩れやすくなることで、症状を悪化させてしまうこともあります。 靴やインソールの選び方、足の構造と機能を理解した専門店である当店にご相談ください。

~ 良い靴の選び方 ~

かかと部分がしっかりしている

靴のヒールカウンター(かかと部分)を指でつまんでみてください。ここが潰れてしまうものよりは、丈夫な素材でできているかかとをしっかりと包み込むような構造になっているものがよいでしょう。

靴が捻じれ過ぎない

靴の真ん中からかかとにかけて捻じってみてください。簡単にねじれるものではなくある程度の硬さがあるものものがよいでしょう。

親指の付け根が曲がりやすい

足は一歩踏み出すときに、指の付け根がストレス無く曲がることを求めています。靴も、その部分がスムーズに曲がるものがよいでしょう。

インソールは足に合った靴でなければ機能しない

インソールは靴の中で仕事をするため、靴の環境が悪いと上手く機能することができません。上記のような足をしっかりとサポートできる靴選びからはじめましょう。それから、インソールを使用することでかかと周りの骨格を安定させ、足本来の動きを導き出してくれます。フラットシューズや、ハイヒール、ドレスシューズなど、足にとって負担がかかりやすい靴にも装着できるインソールがありますので、ぜひ当店に相談ください。