後脛骨筋機能不全症




先日、ファンクショナルオーソティックスをご購入いただいた後脛骨筋不全症(PTTD)のお客様。




一見ただの偏平足だと思われがちですが、実際にはかなり違います。


ただでさえ偏平足の方は、歩行時の最後の蹴り出しが上手くいかないですが、後脛骨筋不全症の方は、極めて弱くなります。


なので、歩行時の代償(他の部分で補うこと)として、歩幅を蹴ることによって保つことができないので、股関節を大きく開いて歩幅を稼いでいました。


そのため、上半身がかなり上下に動きながらの歩行となり全体的に不安定な状態。





後ろから見てみても足趾がはっきりと確認できるトゥメニートゥサインがしっかりと見えている状態。




実際に片足でつま先立ちをしてもらうと...


やはり上手く力が伝わらずできない...




そりゃ歩行で上手く地面を蹴れるわけないですよね。


かなり後脛骨筋が弱っているのがはっきりとわかりました。



今回は、後脛骨筋をしっかりとサポートできるファンクショナルオーソティックスを選び測定させてもらいました。




身体全体で代償している状態なので、少しでも疲れや痛みが軽減してもらえればと思います。




今回のお客様もそうでしたが、ただの偏平足だと思われている方がとても多いですが、子供でも同じような方は多くいます。


偏平足で、疲れやすい・足が痛いと感じている方は、まずご相談ください。




歩けなくなってからでは遅いんです。






080-1158-6200

Tel