ただ硬いだけじゃないですよ!




足の悩みで来店された看護師のお客様


かなり昔から足が痛むようで、カウンセリングをして実際に足を触ってみると驚くほど足関節が柔らかい...


通常、足関節は身体全体を支えているのである程度安定した硬さが必要です。


もちろん足関節はものすごく数が多いので、それすべてが同じ硬さでもないですが、全体的に硬さと柔らかさは両立していなければなりません。




それは足関節は歩行において硬い足と柔らかい足の2面性があり、どちらも必要だからです。


今回のお客様は、触ってすぐにわかるほど柔らかく、とても体重を支えていられるような状態ではなかった。


もちろん足の機能として硬い足に切り替わっていくこともできない状態...




これはもはやオーソティックス(足底板)でないと対処できないと判断。



お客様も看護師の方だったのである程度専門的なお話をさせてもらい、アーチサポートなどの危険性に関してもご理解をいただきました。


実際にサンプルを使用して歩いてもらったところ、今までとまったく違う感覚で歩いてるとのこと。


そして何よりも硬いカーボン製でできている足底板がまったく硬く感じないとのこと




そうなんです。


その硬さがあるからこそ硬く感じない!!




何言ってんだこいつ?


と、思われるかもしれませんが、ホントなんです。




NWPL社のオーソティックス(足底板)はディープヒールカップと言われる踵をしっかりと包み込むために深く・硬くできているんです。


踵の脂肪層ごと包み込むので、柔らかさを自分の身体の一部である脂肪によって感じることができる。


足底筋膜炎や踵骨骨端症の方などにもとても良いと思います。




インソールが柔らかい素材で出来ていると踵が不安定になりこの脂肪層も安定しないんです。


感覚的に柔らかい素材の方が足にやさしそうですが、逆に不安定を作り出すことになるので足関節はぐらついて良くないことがわかります。




足関節が柔らかく不安定な方はまず安定させることが大切です。


特に踵周りは衝撃も大きく不安定になりやすいので一般的はインソールの強度では支えられません。




フットラボではサンプルをご用意していますので見て・触って・体感してみてください。






ご予約・お問い合わせはLINE公式アカウントから!!




080-1158-6200

Tel