薄底神話をぶっ壊した功績!


先日、『衝撃(反力)は宝物』で【薄底 vs 厚底】について書きました。




薄底だからいい!


厚底だからいい!




そんな議論をするつもりはありませんが、近年日本のマラソン業界はずっとこの薄底で軽いシューズが早く走れてタイムが伸びるものだと神話のように信じられてきていたように個人的に感じてます。



うちのお店ではオープン当初からこの薄底の危険性についてお客様にはお伝えしていました。


実際に来店されるランナーで足の問題を抱えている方のほとんどが、この薄底にこだわり使用している方が多かったのも事実です。




ミッドソールが薄くなり軽量化がどんどん進み、もはや削れるところなんてないじゃん!


そんなところまでになっていたと思うんです。


限りなく追及していくとシューズの強度はなくなり、その負担はすべてダイレクトに足へ伝わることになる。




だからといって厚底が良いとも限りません。


クッション性が良くなり過ぎると足元は不安定になり、今度は正しく衝撃を受けることができなくなる。

以前の記事【衝撃(反力)は宝物】




なのでどちらが良いかというよりも、今まで薄底一辺倒できたところを海外から来たナイキが一気にぶっ壊して、国産の他メーカーが追随するため開発が進んだこと...


この薄底神話が壊れてイノベーションが興ったことがとても良いことだと思います。




ここ数日騒がれているヴェイパーの使用禁止問題は【薄底 vs 厚底】とは別次元の話になっていますが、これによってシューズやインソール、走り方なんかの考えも変化してくれるととてもうれしいかな、と思います。




フットラボでは薄底・厚底共に否定も肯定もしません。


それよりも目的やカラダの状態に対して何が最適でどうしたら悩みが改善できるのかを一番に考えます。




何を履いたらいいか悩んでいる方、同じくインソールも何を使用したらいいのか悩んでいる方


ご相談ください。





ご予約・お問い合わせはLINE公式アカウントから!!


080-1158-6200

Tel