足元を総合的に考えてほしい



『病院でインソールを入れたらいいんじゃない?』



そう薦められてフットラボに来る方が、今も昔もとても多い。



来店すると...


『病院で言われたからこの靴にインソール入れてほしい』



そういって出してきた靴を見ていつも愕然とする...




病院も専門外とはいえ、もうちょっと足の状態だけじゃなくて靴の状態とか診てくれないのかな...


インソールの前にやらなければならないことが多すぎる。




お持ちいただいた靴は、大抵型崩れ・サイズ違い等、靴として上手く機能しない状態のことが多い。


もっと高価な良い靴にしてくれとか言うつもりはないです。




そうじゃなくて...




足に問題を抱えて...痛みが出ているなら...


もう少し足元を気にかけてほしいと思うんです。




インソールはとっても素晴らしいアイテムだと思いますけど、インソールを使用すればすべて解決できるほど万能なものではありません。




インソールは靴の中で活躍するアイテムです。


だからこそ靴の状態がとても大事になる。




足の問題を解決していくには、型崩れだけでなく、サイズやスペック、履き方なども含めて総合的に足元をみていかなければなりません。




だけど...


靴屋さんもそこんとこちゃんと見てくれないんですよね...


根拠のないワンサイズ大きめ薦めますもんね...




もちろんお客様は足のことなんて今まで考えたこともないわけですから知らなくても当然です。




だけど...


病院も靴屋さんも無責任だなぁと感じてしまうことがあまりにも多い気がします。




これを機に興味を持ってもらえたらと思い、今日もカウンセリングで多くの方にお伝えしています。




フットラボはインソールを販売しているお店ですが、それよりもお客様の足の問題解決をするために本気なお店です。


ですから一人のお客様に2時間もの時間をかけて、カウンセリング・インソールの選定・インソールの作製・シューズへのフィッティングを行っています。




ちょっと愚痴っぽくなりましたが、足は総合的に考えてほしい...


ただそれだけなんですけどね...






最新記事

すべて表示