【痛い=靴が小さい】ではない!


いつものことですが、自分に合うサイズの靴がないという足についてのご相談をよく受けます。



『この靴は自分には合わないので大きめのサイズを履いています』


という方も多く、それが足の問題を酷くしていることに気づいていない方も多くみられます。




その問題...


靴のせいにするよりも、自分の問題として捉えていただきたいと思います。




まず考えなければならないのは足が痛いのは本当に靴が小さいからなのでしょうか?




実はほとんどの方がサイズの問題よりも、履き方に問題を抱えている方がものすごく多いです。


どれだけ良い靴でも、どれだけ自分に合った靴でも履き方を間違えれば足に痛みが出てしまうことがあります。




履き方ってなに?


って思う方も多いかもしれませんが、女性が和服を着る時の着付けのように履き方も正しく履かなければ違和感が残ったり痛みを感じます。


和服は着付けの順番だけでなく、その着せ方によっても違和感が残ったり苦しくなったり、さらには見栄えが悪くなったりと、同じものを着ていても着付けする側の技量を問われます。




靴はもちろん自分で履きますが、一日中履いているわけですからやはり正しく履かないと違和感や痛みが出てもおかしくないですよね。




そして、正しく履くということをつま先からしっかりきっちり締めることだと思っている方もものすごく多いです。


でもこれも着付けと同じできつく締めるだけではただ苦しくなるだけなんです。




足の動きを考え、足にとってどこを締めてどこを緩めるか。


どのように結べばそれができるのか。




今一度見直していただきたいと思います。


もう一度言いますが、【痛い=靴が小さい】ではなく履き方に問題があることがほとんどです。




フットラボでは足の動きに沿った履き方を基本からお教えしています。


一生歩く足を守ってくれる靴は正しく履いて快適に過ごしましょう。






080-1158-6200

Tel