外反母趾になぜインソールなのか?



フットラボにも外反母趾のお客様は多くいらっしゃいます。


みなさん靴を履くと足が痛くなり、なんとかこの痛みを取りたい!


または曲がった指をなんとかしたい!


そんなお客様が来店されます。




外反母趾は親指が曲がっていくことによって痛みや歩き難くなる病気ですが、実際原因となっているのは指ではなく、もっと後ろの踵辺りだというのは意外と知られていないんです。


病院では対処療法となってしまうので、手術をして指をまっすぐにするしか方法がないですが、手術をするとしばらく歩けなくなるので、病院でもあまりお勧めしていないのが現状です。


そこで行うのが保存療法となるので指の固定やタオルギャザー(タオルを掴む)などのリハビリに頼るところが多いです。


しかし、先に書いたように外反母趾の原因は、本来踵辺りにある関節の問題であるためあまり効果が見込めません。




そこで必要なのがインソールになるんです!!!




踵辺りにある距骨のコントロールができる唯一のインソール、スーパーフィートを履くことで指先のコントロールをするんです。


なぜなら距骨下関節のニュートラルポジション(中間位)は無荷重でなければ見つけられないから。


その成型方法はスーパーフィート独自の方法であり、特許に守られているからこその唯一無二なんです。


ニュートラルポジションにすることで回内(柔らかい足)・回外(硬い足)の切り替えをスムーズにして足関節全体の動きを最適化します。




なのでインソールによって痛みの軽減や進行を食い止めることができるんです。




足が本来持っている正常な動きに戻してあげるだけなんですけどね。


外反母趾は足骨格の異常から引き起こされる病気なので、足の動きを最適化してあげれば必然的に痛みは減りますよね。



対処療法でもなく、保存療法でもなく、普段の靴にインソールを入れるだけで良いんです。


外反母趾で悩んでいる方は是非試してみてはいかがでしょうか?


まずはカウンセリングから...




ご予約・お問い合わせはLINE公式アカウントから!!




137回の閲覧

080-1158-6200

Tel