top of page

予防という考え方



前回投稿したブログの続きのような内容となりますが、前回はシューズについてでしたが、今回はインソールについても書いてみようかと思います。





私もスポーツ選手だったのでわかりますが、スポーツをしていて怪我をすることはよくあることだと思いますし、隣り合わせになっているものだとも思います。





ですが、その怪我に至るまでの予防についてあまり考えられていないように思います。





スポーツと向き合う準備。





日常の散歩やウォーキングなども同じことが言えますが、準備をせずに始めて膝や腰を痛める方も多いと思います。





それは身体を動かす準備ができていないから。





【準備運動】といわれる運動前の運動はするのに使用する【アイテムの準備】はなぜしてくれないのか?


いつももどかしく思っています。






その【アイテムの準備】としてインソールは、シューズと並ぶとても大事なものです。





シューズを見直す人はいても、インソールを見直す人は少ないんじゃないでしょうか?





そもそもシューズは足を守るものであり、インソールは足の機能を最適化するもの。





足の機能を最適化するというのは、ざっくり言えば歩きやすくなるし走りやすくなるってことなんです。





特に弾むような軽快感をインソールで得られるのは、NWPLやスーパーフィートだけだと思います。





シューズ以外でもその感覚を手に入れられるなら使わない手はないですよね。





逆に使わないと足への負担は増え、安定せず、膝や腰にまでその不安定さが伝わり、痛みへとつながっていきます。





怪我をしてからインソールを使用する方も多いですが、実はその逆もあり、怪我をしないためにも予防として使ってほしいんです。





より快適にスポーツを楽しむにはしっかりと予防をしてから始めましょう!










最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page