カスタムインソールのすすめ

自分の足をよく見てください。左右は非対称

ほとんどの方が左右の足長・足幅・甲の高さ・アーチ長などに違いがあると思います。足の形は右と左でもそれぞれ違うのです。一般的に市販されている既製品のインソールは、左右均等にできているためより細かい調整ができません。カスタムインソールならお客様一人ひとりに合わせた成型をするため、お客様の足に合わせた世界で一つだけのインソールとなります。足の変形や左右差のある方などには特におすすめです。

インソール作製の流れ

ステップ

まずお客様のお悩みについてカウンセリングを行います。外反拇趾・腰痛・膝痛・スポーツ障害などご相談ください。痛みの箇所だけでなくその原因となる箇所・動作・環境に至るまで追求していきます。足病医学に基づいた視点で痛みの解消・改善に向けてアドバイスいたします。

ステップ

足元から足首・膝・腰、場合によっては肩甲骨まで影響することもあり、カラダの全体重を支える足裏から骨格を整えていきます。右の写真は実際にインソールを使用した状態と未使用の状態です。膝の位置と向きを見るとその違いは一目瞭然。未使用の状態では足部の関節が捻じれ膝蓋骨が内側に入り、しかも内側に向いています。これにより股関節も内側に捻じれ骨盤にまで影響することもあります。使用することで2本の軸がしっかりできて足部の関節は整います。その他、体感テストで実際に違いをご理解いただきバランスチェックを行います。

ステップ

スーパーフィートが持つ無荷重によるインソール作製法(特許取得)で手技による正しい足骨格を保ったまま成型します。従来の足を乗せて成型する方法では荷重が掛かり足関節が捻じれてしまうため正しい足骨格のまま成型することができません。

ステップ

足・インソール・シューズが、三位一体となるように成型したインソールをシューズにフィッティングしていきます。最初は足骨格を整えるため違和感を感じることもあります。1週間もするとカラダに馴染み安定することでしょう。